Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

キャットフードに含まれている添加物「アスコルビン酸、クエン酸、ローズマリー抽出物」について

キャットフードのパッケージをチェックしていると、「アスコルビン酸」や「クエン酸」、「ローズマリー抽出物」という何やらよくわからない成分が記載されていることがあります。
今回は、キャットフードに含まれている添加物「アスコルビン酸、クエン酸、ローズマリー抽出物」についてご紹介いたします。

アスコルビン酸とは

アスコルビン酸は、ビタミンCとして働く有機化合物です。主な原料はグルコース(ブドウ糖)です。キャットフードに使用される目的は2つで、ひとつは酸化防止剤としてです。キャットフードに含まれる脂肪分は空気に触れると急速に酸化が進み、栄養素が失われてしまいます。これを防ぐ目的で使用されるのが酸化防止剤です。アスコルビン酸には優れた酸化防止作用があるため、人の食品の酸化防止剤としても広く利用されています。
もうひとつはビタミンCの栄養添加です。免疫力の向上、傷の回復、感染症予防、アレルギーの抑制などの効果が期待できます。水溶性のため摂取しすぎても体外に排出されるので安心です。

クエン酸とは

クエン酸はレモンなどの柑橘類に含まれる有機化合物です。酸化防止剤として優れており、人用としても広く利用されていて、サプリメントにも使われています。猫用としては、尿酸値を下げる働きがあることから、猫がかかりやすい尿路結石を予防または治療する働きがあります。

ローズマリー抽出物とは

ローズマリーはハーブの一種で、とても有名です。そのローズマリーから抽出された物がローズマリー抽出物で、酸化防止剤として広く利用されています。ローズマリー抽出物にはロスマリン酸、カルノソール、カルノジック酸、ロスマノールなどがあります。これらはビタミンEやBHTより強い抗酸化機能を持っています。ローズマリー抽出物はアスコルビン酸(ビタミンC)やトコフェロール(ビタミンE)との相性が良く、一緒に使うと相乗効果でより高い抗酸化作用が発揮されます。BHAやBHTといった人工添加物よりも抗酸化作用が高いと言われています。

健康への影響

アスコルビン酸、クエン酸、ローズマリー抽出物とも天然由来の抗酸化剤で、健康への悪影響はありません。むしろ、ビタミンCの補給や尿路結石の予防など、健康にプラスの面があります。これらの天然由来の抗酸化剤は安心して使用できます。

まとめ

今回は、キャットフードに含まれている添加物「アスコルビン酸、クエン酸、ローズマリー抽出物」についてご紹介しました。これらはいずれも天然由来の添加物で、健康に悪影響はありません。効果としては主に抗酸化剤として使用されます。加えて、ビタミンの補給や尿路結石の予防といった効果も期待できるので、猫の体には良いと言えるでしょう。