Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

年齢にあったキャットフードの選び方は?

いろんなメーカーからキャットフードが出ているので、どれをどのような基準で選んだらいいのかわからなくなってきている人もいます。
まずメーカー選びも大事なことですが、一番大事なことは、月齢に合わせたお食事を用意してあげることです。
人間でも赤ちゃんとして生まれ、最初はミルクしかのみません。

それがだんだん離乳食を与え始め、段階を踏んで大人と同じご飯を食べるようになります。
それは猫にとっても同じだということです。
なんでも餌をあげればいいというわけではありません。
どのようなポイントに気をつけて、餌をあげたらいいのか考えてみましょう。
まず猫のえさの種類は大きく分けて、三種類になります。

まず生まれてから1歳までの子猫の時期のキャットフードの選び方です。
子猫の時期は、大きな体に成長するために、十分な栄養が必要になります。
特に猫の体は、良質なタンパク質を必要としています。
そのためにもタンパク質が30%以上のキャットフードを選ぶことが大事になります。
また多くの量を食べすぎると、太りすぎてしまう原因にもなります。
なので適切な量を与えるように心がけましょう。

餌のタイプは、ドライフードのものが総合栄養食として一番優れているものが多いです。
しかしまだ子猫の時期なのであまり固いものは食べにくそうだなと感じた場合は、ウェットタイプのものを使用するのもいいでしょう。
また中には、ドライフードの中にウェットタイプのものを混ぜ込んで、ドライフードを柔らかくして食べさせている人も多いです。
次に1歳から6歳ごろの成猫のキャットフードhttp://www.wildales.com/10.htmlです。

この時期はもっとも猫が活発に動く時期です。
なので毎日元気で過ごせるように、必要な栄養素をバランス良く取り続けることが大事になります。
特にこの時期は、体を動かすことも多く活発な時期になります。
健康維持のためにも、しっかりと栄養バランスを考えた食事をとりましょう。
ドライフードは、総合栄養食になるので、この時期に選ぶ餌として一番適しています。
猫の多くは、水分を直接飲むのを嫌がる猫もいます。
なので水分不足になりがちになります。

そんな時は、ウェットフードを活用して、食べ物から水分を確保するようにしましょう。
特に夏場の水分補給を気にするかと思いますが、夏場のウェットフードは腐敗もすすみやすいです。
食べれる量だけのウェットフードを利用するか、食べなかったら捨てるなどの対策もしっかりしましょう。

成猫のころに特に気をつけていただきたいのが、愛猫の体型の管理です。
たくさん食べたがるからとついついおかわりをたくさんあげたり、おやつを与えてしまうと猫ちゃんは太ってしまいます。
太ってからダイエットさせるとなると大変なので、日頃からカロリーの過剰摂取にならないように飼い主が管理してあげましょう。
すでに太らせてしまった場合は、ダイエットにぴったりなキャットフードもありますので、普段あげていたキャットフードからこちらのダイエット用に切り替えてあげると良いでしょう。
最後に6歳以上の高年齢の場合の猫が、一番キャットフード選びを慎重に行わなければいけません。
なぜなら人間と同じで老化とともに、新陳代謝や消化が衰えてしまい、病気になりやすくなってしまいます。
いままでどおりの栄養素をとっていたら、消化しきれず体内にたまってしまい、肥満や病気へとつながってしまいます。
なので、低脂肪のものやタンパク質の吸収率がいいものを選ぶといいでしょう。