Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

気になるキャットフードの原産国・アメリカ産キャットフードの安全性について

アメリカと言えばペット先進国で、犬や猫にもやさしい国というイメージがあります。実際、犬や猫の飼い主さんなら誰でも知っているような有名な優良フードメーカーがアメリカにあります。アメリカではキャットフードについてどのような考え方や基準を設けているのでしょうか。
今回は、アメリカ産キャットフードの安全性について考察いたします。

アメリカ産キャットフードの安全性に関する考察

アメリカは州の権限が強く、法律も州ごとに微妙に異なります。動物に関する法律も同様で、州ごとで取り扱いが異なります。州ごとに異なるものの、基本はどの州もペットの権利に配慮された法律で、日本よりも進んでいるところがほとんどです。例えばカリフォルニア州の動物愛護法では、24時間以上家の中などにペットを放置すると虐待とみなされる、という具合です。このあたりの感覚はペット先進国であるイギリスやドイツ、スウェーデンなどに通じるところがあり、日本と比べると随分とペットを大切にしています。日本では猫を飼っている人にしか猫の大切さは理解してもらえませんが、アメリカの場合は猫も家族、という視点で法律や制度が作られています。

そんなアメリカですが、ペットフードについてはAAFCO(アメリカ飼料検査官協会:通称アフコ)という協会が、ペットフード業界から独立してペットフードを厳しく、公正に規制しています。AAFCOの規制は非常に合理的で客観性があり、日本でもペットフードの良し悪しを考える基準のひとつとして利用されています。
アメリカ産のキャットフードメーカーは非常に多く、質にばらつきがある可能性もありますが、基本的にはアメリカはペットの権利を尊重する国であるため、質の悪いフードは淘汰されると考えられます。また、AAFCOの基準を満たしていないフードを安定して購入するのは難しいでしょう。以上から、アメリカ産のキャットフードは基本的に高品質・安全であると考えてよいと考えられます。

まとめ

今回は、アメリカ産キャットフードの安全性について考察しました。アメリカは州ごとに法律が異なりますが、基本的にはペットの権利を尊重するペット先進国です。フードに関してもAAFCOという有名な規制機関が厳しく品質の規制を行っています。アメリカのフードメーカーは多数あるため一概には言えませんが、総じて高品質であり、安全性は高いと考えられます。
高品質なキャットフードを探している場合は、選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。