Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

うちの猫は決まったキャットフードしか食べません

いろんなペットがいる中で、猫も年々寿命が長くなってきています。
昔は5年から6年ぐらいが寿命といわれていましたが、今では平均で12年近く生きられるようになりました。
一番の要因は、キャットフードの改良だといえます。
昔はよく人間が食べた残りものなどを餌にしてあげていた家庭が多かったといえます。
それが今では栄養バランスが整ったキャットフードが開発されて、月齢によってとるべき栄養素もしっかり管理されています。
なのでとても長生きするようになりました。

どの家庭でもペットは家族の一員として一緒に住んでいるわけですから、一日でも長く一緒にいたいと思いますよね。
そう思うからこそ、一番大事な食生活をしっかりと考えなくてはいけません。
食事に関しては、いろんなことで悩みを抱えている人もいます。
中には、うちの猫は決まったキャットフードしか食べませんという人もいます。
もっといろんなものを食べてほしいと思うかもしれません。
しかし、猫にとっていろんなキャットフードを食べるというのは、胃に大きな負担がかかります。
急に替えたりすると、体調の変化が急に起こる場合もあります。

例えば、ものすごい下痢になってしまう猫もいます。
なので同じキャットフードを食べつづけているのであれば、その商品が猫にとっていいものであるということではないでしょうか。
体調面に関して特に変化もなく問題なければ、そのまま決まったキャットフードを食べさせてあげておくほうがいいでしょう。
ただしいくつかの点に気をつけておく必要があります。

ます一つ目は、猫の月齢です。
キャットフードのほとんどは、月齢に合わせて栄養素が異なってできています。
なので月齢に合わせて必要な栄養素が違ってきているということです。
出来れば今決まったキャットフードの同じメーカーのもので、月齢によって変えていくことがお薦めです。
もうひとつは、切り替えていくときの注意点です。
もし同じメーカーで月齢違いの商品に変えていく場合でも、猫の体調は心配になる人もいるでしょう。

なので、今好んで食べているキャットフードに少しずつ加えながら食べさせて様子を見ていきましょう。
そうすることで少しでも、胃に大きな刺激を与えることなく食べさせてあげられます。
このとき違うメーカーのものに切り替える場合は、一緒に混ぜて食べさせないほうがいいでしょう。
メーカーによって、扱っている成分も違ってきますので、あまり合わないこともあります。
以上の点に気をつけながら、同じキャットフードをあげ続けていれば問題ないといえます。