Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

うちの猫はキャットフードを食べるとき「くちゃくちゃ」言わせます。おいしいのでしょうか?

おいしいのでしょうか?
猫の寿命は昔はおよそ5年から6年といわれていました。
それがキャットフードの改良や進化とともに、寿命も延びるようになりました。
今では平均12年も長生きするようになりました。
今まで寿命が短かった時は、年をとったときの病気などあまり発症しませんでした。

しかし今では、長生きをすることでいろんな病気にかかるケースも増えてきています。
そんななか飼い主として気になるのは、食事ではないでしょうか。
キャットフードの進化により、寿命にも大きな変化があるのであれば、キャットフード選びはとても重要になります。
さらに人間のように、言葉で感想などをいってくれるわけではありません。
なので猫のあらゆる行動やしぐさからそれらを判断しなくてはいけません。

一番わかりやすいのは、食べないことです。
やはりそこは人間と同じく、嫌なものや好みに合わないものは、猫も同様手を付けません。
もしくは一度食べてみようと口にしてみたものの、あまり好みではなく食がすすめないといったケースもあります。
なので、気に入らない場合は、何かしらの行動に出るので判断しやすいです。
その反対に、おいしいと感じてくれている場合の判断の仕方のほうが難しいと感じるかもしれません。

もちろん一番わかりやすいのは、餌を完食してくれる場合です。
全部食べきるということは、猫にとっても満足しているということでしょう。
その時に食べ方で、くちゃくちゃといわせて食べる猫もいます。
中にはそのため方が気になる飼い主さんも多いです。
人間でも、くちゃくちゃして食べる人もいますが、あまりいい印象を持つ人はいないでしょう。
なので猫の場合は、どうなのかな?おいしいのかな?と思う人もいるでしょう。
くちゃくちゃいいながら食べるということは、おいしいという表現の一つともいえます。

気になる食べ方なのかもしれませんが、そのままにしておいても大丈夫です。
その代わり食べ物以外のものを食べようとしてくちゃくちゃする場合は、栄養不足などの疑いもあります。
またくちゃくちゃ食べながら苦しそうな表情や呼吸がつらそうな時は、病気の恐れがあります。
くちゃくちゃ食べるのが気なる人は、そのほかに症状がないかどうか同時に確認しましょう。