Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

キャットフードの代わりにドッグフードを与えても大丈夫?

猫だけを飼っている家がわざわざドッグフードを買ってきて与えることはないでしょうが、犬も猫も飼っている場合、ひとつのフードで全部まかなえると便利なのに、と思うこともあるでしょう。
今回は、キャットフードの代わりにドッグフードを与えても大丈夫かどうかについてご紹介いたします。

キャットフードの代わりにドッグフードを与えても良いかについて

まず知っておきたいのが、猫と犬では必要とする栄養素の種類や比率に違いがあるということです。つまり、ドッグフードでは、猫が必要とする栄養素のすべてを摂取することはできません。

ドッグフードには、猫の体にとって害となる成分が含まれているわけではありませんので、猫が誤ってドッグフードを食べたからと言って体に悪いわけではありません。
しかし日常的に猫がドッグフードだけを食べ続けていると、必要な栄養素が不足して体調を崩し、最悪死亡する恐れもあります。

猫と犬とで異なる必要栄養素

タンパク質

猫は犬の約2倍のタンパク質を必要とします。ドッグフードだけを食べ続けていると、猫の体に必要な量のタンパク質を摂取することができません。タンパク質が不足すると、筋力低下、食欲減退、体重低下、被毛の劣化などが起きます。

タウリン

猫は体内でタウリンを生成することができないので、タウリンを食事から摂取する必要があります。一方、犬は体内でタウリンを生成することができるので、ドッグフードにはタウリンが含まれていません。猫はタウリンが不足すると、失明や拡張型心筋症などの恐ろしい病気を発症する恐れがあります。

アルギニン

アルギニンはアンモニアを尿素に変換して体外に排出するための重要な物質です。犬もアルギニンを必要としますが、猫は犬の2倍のアルギニンが必要です。このため、猫がドッグフードだけを食べ続けていると、アルギニン不足になります。アルギニンが不足すると、血中のアンモニアをうまく体外に排出できず、最悪死亡する恐れがあります。

まとめ

今回は、キャットフードの代わりにドッグフードを与えても大丈夫かどうかについてご紹介しました。ドッグフードには猫に害になる成分が含まれているわけではありませんので、猫が食べたからと言ってすぐに健康に影響が出るわけではありません。しかし、犬と猫では必要な栄養素が異なるため、猫がドッグフードを食べ続けていると栄養不足になり、最悪死亡する危険性もありえます。やはり、猫にはきちんとキャットフードを与えるようにしましょう。