Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

犬がキャットフードを食べても大丈夫なの?

今多くの家庭でペットを飼っている人がいます。
ペットを飼っている家庭では、家族の一員としてとても大事に育てている人が多いです。
例えば外に出るときのお出かけ用に服を着せたり、ドックカフェなどで犬とランチをする人なども増えてきています。
外出先でもペットも一緒に楽しめる場所もかなり増えてきました。
それだけペットと一緒にいる時間というのを、大事にしてる家庭が増えているということになります。
そしてペットは家族の一員として、人間と同じように扱われている場合が多いです。

ペットを飼っていると、一番気がかりなことが食事です。
例えば、犬と猫と両方を飼っている家庭もいます。
そんな家庭では、餌を分けてあげていても、どちらかが間違えて互いのペットフードを食べてしまう場合もあります。
例えば、犬がキャットフードを食べてしまった場合、一時的なものであれば問題はありません。
しかし継続的にあげることは、お薦めではありません。
やはりペットフードに、ドックフードとキャットフードはしっかり分けて作られています。
ということは、それぞれ必要としている栄養素が違うからこそ、別々に作られているわけです。

もしどちらでもいいのであれば、ペットフードを分けて製造する必要はないわけです。
どのような違いがあるかといえば、キャットフードのほうがドックフードに比べて、カロリーが高く作られているものが多いです。
またキャットフードの中には、うまみ成分を周りにコーティングさせることで、食べやすく作られているものもあります。
なのでキャットフードのおいしさに慣れてしまうと、犬がドックフードを食べないという危険性があります。

そのままキャットフードを食べつづけると、カロリーオーバーの状態が続き、肥満につながってしまいます。
犬が食欲がないときなどに、一時的にキャットフードを使用する人も中にはいます。
しかしそれはあくまでも一時的なもので、使い続けることは犬にとっても体へ負担がかかってしまいます。
やはりそれぞれ、動物にあったものを使用して作られているため、健康的な体を保つことができるといえます。