Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

気になるキャットフードの原産国・国産キャットフードの特徴とは?

昨今は食の安心・安全が求められており、人用の食品については原産国を気にしている人も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。キャットフードも同様で、どこで製造されているのか気になるところです。
今回は、国産キャットフードの特徴についてご紹介いたします。

国産キャットフードの特徴

まず、キャットフードのパッケージに記載されている原産国ですが、これは原材料のすべての産地がその国という意味ではありません。原産国に表記されているのは、キャットフードの製造工程において、最終的な加工を行った国です。ドライフードの場合は押出成形(粒の形を作る工程)を行った国、ウェットフードの場合は滅菌処理を行った国が記載されています。「原産国:日本」と表記されていても原材料のすべてが日本製である、という意味ではありませんのでご注意ください。

メーカーに問い合わせやすい

輸入品のキャットフードの場合、販売店に問い合わせてもはっきりとした回答をもらうことはむずかしいでしょう。その点、国産メーカーの場合はフードに関する疑問点への問い合わせや、場合によってはクレームがあって問い合わせを行っても対応がスムーズであるというメリットがあります。
人の食品で考えるとわかりやすいですが、購入した食品について疑問やクレームがあった場合、国内メーカーの製品ならパッケージに問い合わせ窓口が明記されていてすぐに連絡することができますが、輸入製品の場合はそうはいきません。キャットフードについても同じことが言えます。

種類が豊富

国内メーカーのキャットフードには非常に多くの種類があります。ドライフード、ウェットフード、ふりかけなどのおやつ類、ドライフードにしても猫の年齢ステージ別、体調や状態別、ウェットフードなら缶詰やパウチ など、選ぶのに困るくらいです。価格帯も豊富で、安価で大量に入っているものから、ちょっと高級感があり、素材や味の良さを前面に出した嗜好性の高いものまで様々です。

比較的安価

海外メーカーの輸入品に比べると輸入コストや中間マージンが乗らない分、安価に購入できます。また輸入品は高級食材を使用して健康に良いことをアピールしているのに対し、国内メーカーの製品は安価な原材料を使用しているのも価格が安い理由です。

スーパーなど身近なところで購入できる

海外メーカーの輸入品は一部のペットショップやネットショップでしか購入できないのに対し、国内メーカーのキャットフードはスーパーで販売されていて手軽に購入できます。最近ではコンビニエンスストアにも置かれているので、買い置きのフードが切れたときでも慌てずに済みます。

まとめ

今回は、国産キャットフードの特徴についてご紹介しました。海外メーカーが製造した輸入品と比べると手軽で安価に購入できる点、種類が多い点、問い合わせしやすい点が特徴です。ただし原産国に日本と書かれていても、原材料のすべてが日本産という意味ではないので注意しましょう。