Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

いつもせがまれて困るくらい!食いつきのいいキャットフードの選び方

猫は、かなりグルメな動物です。気に入らなければどんなに高価なフードでもまったく手をつけません。かと思えば、大好きなフードなら食べ過ぎじゃないの?と思うくらい、ちょうだいとせがんできます。
今回は、食いつきのいいキャットフードの選び方についてご紹介いたします。

フードによって食いつきは全然違う

とてもグルメな猫ですが、実は味覚については意外と鈍感です。舌の上で味を感じる器官を味蕾といいますが、人の舌には味蕾が約1万個あるのに対し、猫の舌には味蕾が千個ほとど、約10分の1 しかありません。人に比べると随分と少ないのです。猫が一番感じる味は、酸味です。これは、食べ物の鮮度を酸味で感じるためと言われています。次が苦味で、塩辛味と甘味はほとんど感じません。とは言っても、実際に猫と暮らしていると、やたらとポテトチップスを食べたがる子がいたり、プリンが大好きな子がいたりするので、こうした医学的な分析を超えたところに猫の好みがあるような気もします。
また、猫は匂いで食欲を掻き立てられると言われています。食欲が無い子のフードにかつおぶしをトッピングしてあげると、とたんに良く食べだすこともあります。
しかし猫の食の好みはそれぞれで、ある猫が大好きなフードでも、他の猫は見向きもしなかったり、その逆もあったりと飼い主さんの悩みはつきません。
いまいちおいしそうに食べてくれないとお悩みの飼い主さんは、諦めずにいろんなフードを試してみましょう。

食いつきのいいキャットフードの選び方

食いつきが良いキャットフードの第一条件は匂いです。匂いが弱いフードよりも、匂いが強いフードの方を好みます。実際、同じドライフードでも時間が経って匂いが弱くなってしまうと食べなくなるくらいです。キャットフードの匂いには魚系や肉系など様々なものがありますので、まずは匂いが強いフードを選択するようにしましょう。
また、猫は新鮮さにとても敏感です。味覚の中でも新鮮さを知るための酸味をもっとも感じるので、鮮度はとても大切です。使用されている原材料が新鮮なものだと、食いつきが良い可能性が高くなります。
更に、猫は肉食動物ですので、肉や魚の匂いに敏感です。猫の体も人よりタンパク質を多く必要としているため、キャットフードに使用されている肉や魚が良質で高タンパクだと、おいしく感じる可能性がぐっと高くなります。一般的にドライフードよりウェットフードの方が食いつきが良いのは、より素材の匂いが強いからです。ドライフードでも新鮮かつ良質で高タンパクな素材を多く使っているものの方が、猫の食いつきがよいでしょう。

まとめ

今回は、食いつきのいいキャットフードの選び方についてご紹介しました。猫は肉や魚の匂いが強く、新鮮で高タンパク質な材料を多く使っているフードを好む傾向にあります。普段、フードの食いつきがいまいちでお悩みの場合は、こうしたフードを試してみてはいかがでしょうか。