Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

無添加のキャットフードのおすすめは?

ペットを飼っている家庭にとって、ペットは家族の一員です。
なのでとても大事にされている人が、多いと感じます。
それと同時に、ペットを飼うということは、いろんな面で費用もかかってきます。
中でも食事に関する費用は、安いものから高いものまで種類も豊富で選ぶ時にとても迷う人が多いのではないでしょうか。

それはどの動物でもいえることですが、猫の場合キャットフードもここ数年の間にとても改良され種類も多く発売されています。
なんでも食事ならいいというわけでもなく、やはり健康で長生きしてもらいたいとだれもが思っているはずです。
そうなると自然と猫の体に優しい、食生活というものを考えるようになります。
近年ペットフード安全法が適用され、原材料や賞味期限、製造業者、原産国の表示などが義務付けられました。

それ以前までは、猫にとって有害物質が含まれた安いキャットフードが出回っており、死亡する事件などもおきました。
ペットフード安全法ができてからは、あまりにも安価で危険なキャットフードが出回ることがなく、安心して選べるようになってきました。
しかし、安価なものを求める人や賞味期限がや保存期間が長いものを求める人もいます。

そのようなキャットフードの中には、添加物が多く使用されています。
保存を利かせるための防腐剤の使用、猫が食べやすく感じさせるための香料、見た目を気にする飼い主に対して着色料などを使用している場合があります。
これらの添加物には、発がん性物質も含まれている場合もあり、猫の病気へとつながってしまいます。
なので無添加のキャットフードを購入する人が増えてきています。
無添加http://www.pets-one-nagoya-minato.jp/mutennkakyaxtuto.htmlと表示されているものに関しては、一切添加物を使用してはいけないとされています。
それでも念のため、しっかりと原材料の確認だけはしておくことがお薦めです。

もしもペットショップなどで購入する際には、原材料を見てこれは何だろうかと気になるものはしっかり確認して購入するようにしましょう。
原材料がかかれているからこそ、しっかりと飼い主が見極めるために知識が必要になります。
それも猫を大事に育てる一つの大事なことといえます。
今で何も気にせず値段だけで買っていた人でも、無添加にするだけでも猫に与える影響は大きく変わってくるといえます。