Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

キャットフードは1日何回与えればいいの?キャットフードの与え方の基本

猫を飼いはじめて最初に悩むのが、キャットフードの与え方です。1日に何回ぐらい与えればよいのか、いつ与えればよいのか、1回にどのくらい与えればよいのか、なんとなく与えていても不安になってしまいます。
今回は、キャットフードの与え方の基本についてご紹介いたします。

キャットフードは1日何回あげればいいのか

キャットフードを与える回数は、その猫が1回に食べる量にもよります。1回に食べる量が少なく、何回もちょこちょこと分けて食べる子もいれば、1回でまとめて食べて、それで1日満足する子もいます。あくまでも目安ですが、 1日2回から3回与えるのが標準です。それをベースに、自分の家の猫がどのくらいのペースでフードを食べたがるのかを観察しましょう。一度にたくさん食べる子は、その後せがまなければ1日1回でも良いでしょう。ちょこちょこと小分けして食べる子の場合は、食べた総量が把握しにくく、結果的に食べ過ぎになることがあるので、1日に与えるフードをあらかじめ測ってタッパーなどに入れておき、食べさせすぎないように工夫しましょう。ちょこちょこと分けて食べる子は、胃が小さくて1回の食事量が少ないので、無理に3回以内に収める必要はありません。フードの総量が過多にならなければ大丈夫です。
なお、子猫の場合は成猫よりもカロリーを多く必要としますが、また胃が小さく1回の食事量も少ないので、食事の回数は多くなります。目安は1日3〜4回くらいです。子猫は生後1ヵ月過ぎくらいからドライフードやウェットフードを食べるようになります。はじめの頃はフードに慣れておらず、消化不良をおこす恐れもありますので、1回の量は少量にして、かわりに回数を多めにして様子を見るとよいでしょう。

キャットフードはいつあげればいいのか

成猫の食事の回数は2〜3回ですので、人と同じく朝、昼、夜に与えるとよいでしょう。2回の場合は昼を飛ばして朝と夜に与えます。猫は、昼間はだいたいぐっすり寝ているので問題ありません。主食となるドライフードは、このペースで与えるのがベストですが、その間に猫用のおやつを少量あげて、猫とのコミュニケーションをとるのもよいでしょう。ドライフードばかりだと飽きてしまうので、おやつをあげるのも猫のハッピーフードライフに大切です。ただしおやつは良く食べるからといって与えすぎないように注意しましょう。人のおやつと同じです。

1回にあげるキャットフードの量について

猫が必要とする1日のカロリーは、体重1kgあたり70kcalくらいと言われています。体重4kgの猫なら、1日あたり280kcalの計算です。グラムあたりのカロリー量はキャットフードによって異なりますので、確認しておきましょう。ここでは100gあたり380kcalのフードを例に考えてみます。この場合、体重4kgの猫なら、100g×(280kcal÷380kcal)≒70gとなります。
これを2回に分けて与える場合は、1回あたり35g、3回に分けて与える場合は、1回あたり23gとなります。実際の猫の体重と与えるキャットフードのカロリーを元に計算して、適切な量を把握するようにしましょう。

まとめ

今回は、キャットフードの与え方の基本である、キャットフードを与える回数と量についてご紹介しました。1日に与える回数は2〜3回が目安です。また、1回あたりの量は猫の体重とフードのカロリーによって変わってきますので、計算して適切な量を把握しておきましょう。