Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

手作りキャットフードを食べさせたい。

ご家庭で猫を飼われている人で、キャットフードを利用している人がとても多いです。
これは猫に限らず、犬などのペットでも同じことが言えます。
それだけキャットフードの栄養素や手軽さ、種類の豊富さなどを考えると重宝されています。
しかしキャッフードの原材料などを調べていると、これは大丈夫なのかな?と心配になるものも含まれているものがあります。
どこまでが安心して食べさせてあげられるものなのかなどと考えると、分からなくなってきてしまう人もいるでしょう。

市販のものがどれも信用できなくなってしまう人もいます。
そんなひとにとって、一番安心なのが自分で作る手作りのキャットフードです。
自分で作ったものであれば、原材料などすべて把握できるの安心して食べさせてあげることができます。
そして何より自分で作った、愛情たっぷりの料理をおいしそうに食べてくれる瞬間がとても幸せを感じるでしょう。
手間暇がかかる分大変ではありますが、自分が納得もので安心して作れます。
しかも意外に作り方も簡単で、人間が食べるような味付けなどはほとんどといってもいいほど要りません。
なので手軽に作れます。

そしていつでも作りたてのものをあげられ、ドライフードよりも水分がたくさんとれる食生活になります。
猫は自分で水分だけを上手にとることがなかなかできない場合が多いです。
なので食事で水分がとれるということは、とても大事なことです。
体の老廃物もしっかり出すことができるため、代謝も上がり活発に動くことができます。
ただし一回当たり、80グラムという量の中でバランス良く食事を作るのが大変です。
タンパク質、ビタミン、ミネラル成分など、必要な栄養素をしっかり取り込めるようなメニューを考えなくてはいけません。
そのためには、材料もたくさん必要にもなってきます。
また一生懸命作ったのに、食べてくれなかった時のショックもキャットフードを与えてる時よりも大きいでしょう。

しっかりと栄養バランスがとれていない手作りキャットフードの場合、栄養不足になってしまったり逆に肥満などになりやすい場合もあります。
これも飼い主の責任の一つとなります。
これらのことを考えても、市販のものよりも手作りのキャットフードのほうが安心して食べさせられると思う人もいます。
手間暇はかかるかもしれませんが、しっかりとした知識の基、愛情たっぷりの手作りキャットフードを作ってあげてみてはいかがでしょうか。