Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

キャットフードの賞味期限は?

猫の寿命もここ数年で、倍以上に伸びました。
その一番の要因が、キャットフードの進化です。
昔は人間の食べ残しや、猫マンマといわるご飯などを挙げている人もいました。
しかし猫は肉食動物なため、良質なタンパク質を必要としています。
人間の食べ残しの多くは、炭水化物になるので猫の体質にはあまりあいません。
それらの理由も含めて、猫の寿命が5年から6年ほどでした。

今では猫の寿命も平均で12年近くになっています。
それだけ食べ物が与える影響は、とても大きいといえます。
しかも年々キャットフードも進化し、種類も増えてきたため選ぶ飼い主の責任の一つとも言えます。
便利になったキャットフードですが、やはり安全な食事をしっかり考えなければいけません。
その大事なことの一つに賞味期限http://www.afrileo-foundation.org/eiyouso.htmlがあります。
つい安いからと言って、大量に買っても賞味期限が守られなければ、せっかくのキャットフードもおいしくなくなってしまいます。

では賞味期限とはだいたいどのくらいのものなのでしょうか。
賞味期限はキャットフードのタイプによって大きく違います。
まず総合栄養食http://www.c-market.jp/sougoueiyousyoku.htmlといわれている
ドライタイプのものは、平均的に一年半ぐらいが賞味期限となっているものが多いです。
中には、無添加100%のもの、自然食のドライフードは、賞味期限が1年ぐらいと短くなるものが多いです。
ドライフードを開封後は、最長でも一カ月のうちに食べきるようにしましょう。
理想は2週間以内のほうが、ドライフードの保たれた状態でおいしく食べられます。
半生タイプやウェットタイプの賞味期限は、缶やレトルトパックなど商品の梱包の仕方によって変わります。

一番賞味期限が長いものが、缶でおよそ3年間になります。
レトルトパックhttp://www.catbeds-4less.com/sasami.htmlでも2年間になります。
長期間の保存にはむいていますが、開封してしまうと賞味期限は一気に短くなります。
開封後は冷蔵庫で1日、フリーザーを使って冷凍庫で保管すると1ヶ月から3ヶ月ぐらい保管できます。
どちらのタイプでも、普段の保管の仕方によっては、未開封でも腐敗しやすくなってしまいます。
人間の食べ物と一緒で正しい保管方法でなければ、賞味期限通りにはいかないということを念頭に置いておきましょう。