Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

できるだけ長持ちするのが理想?キャットフードは賞味期限が長いもののほうがよい?

キャットフードを購入する時は、まとめ買いしたくなるものです。都度購入するのも面倒ですし、ネットショップならまとめ買いで送料無料になったり割引されたりすることもあります。では、フードの賞味期限は長ければ長いほどよいのでしょうか?
今回は、キャットフードの賞味期限についてご紹介いたします。

キャットフードの賞味期限

キャットフードには大別してドライフードとウェットフードの2種類があります。賞味期限もそれぞれ異なり、ドライフードでおよそ1年半くらいです。ウェットフードの場合は缶詰タイプで3年、パウチタイプのもので2年くらいです。いずれも未開封の場合の賞味期限です。開封した場合は、ドライフードは1ヶ月くらい で使い切るようにしましょう。ウェットフードの場合は、開封後はドライフードよりずっと痛みやすいので、開封した日のうちに使い切るようにしましょう。
また、賞味期限は推奨される環境で保管した場合の期限が記載されていますので、悪い環境で保管するとそれよりも短くなります。例えば直射日光があたる場所や湿度が高い場所 で保管すると、表示されている賞味期限より早く傷む場合があるので注意が必要です。保管は冷暗所で、湿度も低いところが理想です。傷んでしまうと味や風味が落ちて、猫が食べなくなったり、最悪お腹を壊したりすることがあり得ます。特にまとめ買いしてフードが大量にある場合は、賞味期限には十分気をつけましょう。

キャットフードは賞味期限が長いもののほうがいいのか?

賞味期限が長いということは、劣化を遅らせるための対策がされているということです。通常、劣化を遅らせるのには、酸化防止剤や保存料を使います。酸化防止剤や保存料には、天然由来成分のものもありますが、人工添加物もあります。普通は安価な人工添加物が使用されることが多いです。人工添加物がただちに猫の体に悪いのかといえば、そういうものでもありません。法律により、使用して良い量には安全基準が設けられています。しかし、猫の中には人工添加物が体に合わない子もいます。うんちがゆるい事が多かったり、便秘になりやすかったりする子の場合は、人工添加物が原因かもしれませんので、天然由来成分の保存料を使ったフードに変えてみるとよいでしょう。このように、賞味期限が長いに越したことはないのですが、中には体に合わない場合もありますので、一概に賞味期限が長いことがよいとは言い切れません。

まとめ

今回は、キャットフードの賞味期限についてご紹介しました。賞味期限はドライフードで約1年半、ウェットフードで2~3年ほどです。賞味期限を延ばすためには添加物が使用されますが、人工添加物の場合は体に合わない子もいます。その場合は、天然由来の添加物を使っているフードへの変更も検討してみましょう。