Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

猫は肉食のようですが、キャットフードの肉は何の肉ですか?

猫を飼っている人はご存じなことですが、実際飼っていない人は、意外に知らないといったこともあります。
それは猫が肉食動物だということです。
猫は、魚を加えてるというイメージで、肉が好きなの?と思う人もいるでしょう。
猫は魚以外でもネズミや小動物を捕まえてくることがあります。
特に室内で飼っているのではなく、外にも出ている猫は、たまに小動物をとらえて帰ってくることがあります。

猫は本能的に肉食なため、狩りをしてくる動物です。
なので良質なキャットフードや高価なものには、必ず何かしらの肉を使った商品が多いです。
キャットフードの袋には、必ず原材料を書かなければいけない状態になっています。
そこには、何の肉が使われているのかということが記名されています。
それでは実際どのような肉が使用されているのでしょうか。
よく見かける肉の種類としては、牛肉、豚肉、鶏肉などがあげられます。
なかでも牛肉は狂牛病などの問題もあり、食べても安全だといわれる部位が限られてきています。

そのほかの豚肉や鶏肉は、よく加熱をした方がいいといわれている肉です。
本来であれば、なるべく生肉のほうが栄養価も高く猫の好みでもあります。
そのほかのにくで栄養価が高いものとしてあげられるのが、馬肉です。
馬の肉は、アレルギーの発症率がとても低い肉です。
さらに低脂肪・低カロリーなのでいくら食べても太りにくいとされています。
しかも猫には一番必要なタンパク質は、とても多く含まれています。
なので猫にとってはとても相性がいいお肉だといえます。
ミネラル成分、ビタミン、鉄分なども豊富に含まれてます。

しかし安いキャットフードには、そもそもお肉が使われていない場合もあり、穀物などの植物性のタンパク質が含まれています。
また原材料のところに肉類と書かれているものは要注意です。
何の肉なのかしっかりかkれていないものは、どのようなものが含まれているかわかりません。
なので具体的に、しっかり明記されているキャットフードを選ぶようにしましょう。