Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

一番売れているキャットフードはどれですか?

猫を飼っている家庭が約全体の一割といわれています。
その猫の寿命も、キャットフードの改良されたことで、とても長生きできるようになりました。
平均寿命も5年から12年までのびて、より家族の一員として一緒に過ごす時間が長くなりました。
飼い主にとって、キャットフード選びは、とても責任重大なものになってきています。

人間にとっての食事と一緒で、猫にとってもキャットフードは体作りのために大事な栄養素になります。
特に猫の場合は、室内で飼われている家庭が多いです。
なので外で栄養素をとるという機会が、あまりありません。
だからこそ、飼い主次第で猫がどのように成長していくのか、変わっていくといっても過言ではありません。

特にキャットフードに含まれる、原材料についてもしっかりとした知識が必要になります。
その知識があるかないかによって、質の良い原材料が使われたキャットフードを与えることができます。

今一番注目されているのは、プレミアムブランドのキャットフードです。
これらは、品質重視で作られていて、ペットショップなどの専門店でなければ、取り扱いができません。
ほとんどの対面式で販売されるため、一人一人の猫の状況や成長過程を聞いたうえで購入することができます。
なので安心して与えることができるキャットフードの一つといえます。

また無添加のキャットフードや自然食のキャットフードも大変人気です。
添加物は、猫が食べやすいようにと工夫して作られていたり、保存期間を長くするためにも使用されています。
いいことのために使われているかのように思う人もいますが、猫の体に入ると有害なものも使用されています。

人間の食事でも添加物の多いものは、避けた方がいいといわれています。
それは猫も同じことが言えます。
添加物の中には発がん性物質が含まれているものがあるので、老後病気になりやすい場合が多いです。
猫が病気で苦しんで姿は、誰もが見たくないはずです。
なのでキャットフードにおいても、健康志向がとても強まっています。

また自然食に関しても、酵素や乳酸菌などが含まれたものなども増えています。
原材料も乾燥肉などを使用することなく、新鮮な生のものを使用されています。
なので猫にとって、良質なたんぱく質を摂取することができます。
また生きた栄養素といわれている、酵素やフラボノイド、乳酸菌なども含んでいるものもあり栄養バランスがとても整っています。

そhして健康志向の人に人気なキャットフードが、動物病院などで販売されている、食事療法食です。
これは獣医師によって管理され作られているものになります。
猫の病気の中でよくおこりやすいといわれている、尿の病気に対応していたり、予防としても与えている人がいます。
獣医師によって作られているので、安心して食べさせることができます。