Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

オーガニックなキャットフードはある?

今健康志向が高まている中、私たちの食生活でも自然食が注目されています。
自然食はオーガニックともいわれますが、化学肥料や農薬などを使用しない有機栽培のことを指します。
特に野菜の栽培などではオーガニックのものは注目されていて、様々な規定をクリアしたものだけがオーガニック食材として認められています。
それは人間の世界の話だけではありません。

猫などペットの世界でも同じことが言えます。
今ではペットは家族の一員として、とても大事に育てられています。
なので一日でも長く一緒に過ごしたいと考えている人が多いです。
そういった声から、猫に与えるキャットフードも進化しています。
それにより猫の寿命も10年以上超えるようになりました。
しかし年を重ねるごとに、病気になってしまう猫も増えてきているのも事実です。
そういった病気などになりにくい食生活のためにも、オーガニックなキャットフードの需要が増えてきています。

実際多くのメーカーからオーガニックのキャットフードは販売されています。
日本では近年ペットフード安全法が制定されたことで、有毒が含まれた安価なキャットフードは販売されなくなりました。
しかし、長期間保存するための防腐剤、猫の好みにあうにおいを付けるための着香料、見た目を良くするための着色料などを使っているキャットフードもあります。
これらは添加物といい、刺激の強いものになると発がん性物質が含まれているものもあります。
添加物入りのキャットフードをとり続けると、高齢になったときに病気を発症するリスクが高いです。
大事に育てている猫が、将来病気で苦しむ姿はだれもが見たくないですよね。
そういった声から無添加http://www.snrpetsupplies.com/28.htmlで作られた、オーガニックのキャットフードが発売され需要も高まっています。

オーガニックのキャットフードには、これらの添加物が一切使用されていないため安心して食べさせてあげることができます。
またオーガニックのキャットフードの中でも、原材料て使用されているものもオーガニックにこだわった商品もあります。
やはり自然の力に任せて作られたものなので、本来の自然な香りや味で作られています。
オーガニックの食品の良さは、アレルギーなどの心配が少ないという点です。
なのでどんな猫でも安心して取り入れやすい食品であるといえます。