Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

ランキングでキャットフードを選ぶ!

このランキングから選べば、高品質で安全性の高い製品を簡単に見つけることができます。
しかも、ここで紹介しているのは安全性が高く、費用対効果も高く、食いつきの良い優秀な製品だけ。
様々なポイントを比較して、優れた製品だけをリストアップしました。
ここから選べば間違いないので、参考にしてみて下さい。

第一位
カナガンキャットフード

詳細確認
  • ヒューマングレード:OK
  • 合成添加物:無使用
  • バイプロダクト:無使用

カナガンキャットフードは穀類を一切使用していないグレインフリーのフードです。
穀類不使用なので消化器官への負担が少なく、安心して与えることができます。
余計なものが一切使われていないので、栄養も凝縮されています。
猫にとって理想的な「肉類70%:野菜30%」というバランスの黄金レシピで製造されているので健康維持に最適!

製造されているのは動物愛護先進国であるイギリス。
カナガンはイギリス最高級のキャットフードとして人気を博しています。

原材料はもちろんヒューマングレード。
主原料のチキンは、なんとイギリス最高級の平飼いチキンです。
チキン以外の材料も、可能な限り地元イギリス産の食材を使用しているのが特徴です。
これは、目に見える範囲で食材を調達したいという製造者のこだわり!

人工添加物は一切使われておらず、国際規格である「SAI GLOBAL」クラスAを取得している工場で製造が行われているので、品質管理体制も信頼できます。

鮮度管理もしっかりと行われています!
カナガンは産地のイギリスから直輸入されますし、日本からの注文に関してはオーダーが来てから製造されるので、まさに出来たてホヤホヤの状態で届きます。

全ライフステージに対応しているので、子猫からシニアまで幅広く使えるという点
タウリンを2200mg/kg配合しているという点
使用している原材料の品質が非常に高い点

などなど、メリットがとにかく沢山あります。
これと言ったデメリットがなく、本当に使い勝手が良いですよ!

第二位
シンプリーキャットフード

詳細確認
  • ヒューマングレード:OK
  • 合成添加物:無使用
  • バイプロダクト:無使用

シンプリーはサーモンをメインの原材料に使用しているホリスティックフードです。
嗜好性が非常に高く、食いつきが良いのが特徴。
もちろん合成添加物は一切使っていませんし、原材料もヒューマングレードです。
バイプロダクト(副産物)なども完全不使用です。

カナガンはメインの原材料がチキンですが、シンプリーはメインの原材料がサーモンです。
味わいにも差があるので、基本的にはカナガンを与えてあげて、たまにシンプリーを挟むという与え方もオススメ。
お魚系の方が好きな猫ちゃんなら、この逆の与え方でも良いですね。
これなら猫ちゃんも飽きずに続けることができるでしょう。

また、様々な成分が配合されているのもポイント。
尿路結石に役立つキナ酸や毛玉の排泄サポートに効果的なオリゴ糖やオーツ麦。
さらに、関節ケアに役立つグルコサミンやコンドロイチンなども配合されています。

第三位
オリジンキャットフード

詳細確認
  • ヒューマングレード:OK
  • 合成添加物:無使用
  • バイプロダクト:無使用

オリジンは様々な条件をクリアした最高品質のキャットフードです。
非常に品質が優れているのですが、価格が少し高いのが唯一のデメリットです。

安全性は非常に高く、合成添加物を使用していないのはもちろん、バイプロダクトも使われていません。

特に注目したいのは、原材料です。
ヒューマングレードであることはもちろんですが、使われているのが放し飼いで育ったチキンやカナダ産の天然魚など、とにかく高品質。
普段、私たちが食べている食材よりも高品質かもしれませんね。
と思うほど、徹底して質の高い材料を使っています。

価格が高いという理由から3位に甘んじていますが、予算的にOKなのであればこのキャットフードはとってもオススメです!