Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

キャットフードは安全なのか?

猫の場合、キャットフードの種類もかなりの選択肢が増えました。
なので何を選んだらいいのかと迷う人も多いでしょう。
人によってきめては異なりますが、必ず聞くのが安全性です。
口にするものですし、体を作り上げる基礎になるものです。
だからこそ細心の注意を払って、選んであげたいと思うものです。
その飼い主でも、大事に育てた猫が病気でッ苦しむ姿や病院通いにはしたくありません。
そのためにも、キャットフードの安全性を気にする人は増えてきています。

大事な猫を長生きして楽しく過ごすためにも、安全なキャットフードとはどんなものか考えてみましょう。
キャットフードも値段が様々で安いものから高いものはいくらでもあります。
値段を気にせず購入出来たら一番なのかもしれません。
しかし、実際はそこまで出来る人は少なく、しょうひんにたいして納得できる価格のものを選んでいる人が多いのではないで消化。
その時に条件の一つとして大事なのが、安全性です。

一番注目する点は、原材料です。
猫は肉食動物なため、良質なたんぱく質が必要になります。
なので肉や魚類が原材料として使用されているものをまず選びましょう。
原材料の欄の一番最初に書かれているものが、一番多く使用されている材料になります。
その部分がたんぱく質がかかれているかどうか注目しましょう。
安いものの中には、原材料に穀物などを使用しているものが多いです。
そういったものは、猫の体つくりにあまり適していない場合が多いので気をつけましょう。
また原材料の欄が肉類などあいまいな表記のものではなく、鶏肉、ラム肉など案の肉なのか表示されているんものを選ぶとより安心です。

これだけのことでも、ある程度の品目に絞られるので、迷うことなく選びやすくなります。
もうひとつ重要な点は、添加物の記載です。
添加物は、よく私たちの食生活においてもよく耳にします。
保存状況をよくするために使用されている場合が多いのが防腐剤です。
輸入品などで安いものは、防腐剤などを使用して船などを利用して長期間かけて輸入しているものもあります。
またそのほかにも着香料や着色料も、見た目や食べやすさを重視したものになります。

しかしこのような添加物は、記載される際に専門的な名前が記載されるためどれが添加物なのか分からない人も多いです。
なので代表的なもので、取り入れないほうがいい添加物を覚えておくと安全なものを選ぶことができます。
例えば、エトキシン、BHA、BHTこの三つに関しては、必ずおさえて置いた方がいい添加物になります。
ダイオキシン系の毒物や発がん性物質らが含まれていて、一般食品では禁止されているものです。
大事な家族の一員の猫だからこそ、飼い主として原材料を見極める知識が必要だといえます。