Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

キャットフードはどれぐらいの温度であげるのがいいのかについて


寒い冬の時期、猫に与えるフードの温度が気になるところです。冷たすぎるとお腹を壊すのでは、と心配になる方もいるのではないでしょうか。
今回は、キャットフードはどれぐらいの温度であげるのがいいのかについてご紹介いたします。

最適な温度は約38℃

人の場合、冷たいままの食事はおいしく感じません。やはり温かい方が断然おいしく感じます。猫も同じで、冷たいままの食事は、温かいものに比べるとおいしく感じません。

それではどのくらいの温度が最適なのか、というと、猫の体温と同じ38℃くらいが最適と言われています。猫はフードの良し悪しを匂いで感じていますので、フードの温度が低いとあまり匂いがせず、おいしく感じにくいというのもあります。

また、ウェットフードの場合は、冬場はかなり冷たくなっていることがあるので、そのまま与えると消化にも良くありません。
そこで、冬場に与えるフードは38℃くらいに温めると、食いつきが良くなり胃腸にもやさしくなります。

ドライフードの場合

一回に与える分量を耐熱容器に移してからラップをして、電子レンジで15秒くらい温めましょう。温めたあと触ってみて、人肌よりやや温いくらいになっていれば大丈夫です。温めすぎて熱いくらいになると、猫が口の中をやけどするかもしれませんので、温め過ぎには注意しましょう。

ウェットフードの場合

ドライフードと同様に、耐熱容器に移してからラップをして温めます。ドライフードより温まりやすいので、10秒くらいが目安です。温度調整が難しい場合は、湯煎で温める方法もあります。この場合は容器に移さず、そのまま湯煎しましょう。冬場のウェットフードは特に冷たくなっていますので、温めてから与えるほうが喜ばれます。

温める際の注意点

ドライフードもウェットフードも、温めすぎないように注意しましょう。温めすぎると栄養素が破壊される恐れもあります。
また、温めた後すぐに与えられるように準備しておきましょう。冬場は温めてもすぐに冷めてしまうので、温かいうちに与えられるように段取りを考えておくことが大切です。

なお、レンジで温める時は、レンジ内の匂いがフードにつかないように気をつけましょう。余分な匂いがつくと、それを気にして食べなくなる恐れがあるからです。

まとめ

今回は、キャットフードはどれぐらいの温度であげるのがいいのかについてご紹介しました。与えるフードの最適な温度は、猫の体温と同じ38℃くらいです。特に冬場はフードが冷たくなっていることが考えられるので、温めてから与えると喜ばれるでしょう。ウェットフードは特に、温めると食べやすくてお腹にもやさしいのでおすすめです。