Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

旅行のときキャットフードはどうしていますか?

ペットを飼っている家庭が、一番困ってしまう状況があります。
それは家を長期間するにはできないということです。
ペットと一緒に旅行に行けるところであれば、問題や心配点などは少ないでしょう。
しかし、一緒に行くことができない場合、留守にしなくてはいけない場合はどうしたらいいのか困ってしまうでしょう。

一緒に行く旅行の場合は、ドライフードも持ち歩いていれば問題ありません。
車などの移動では、猫が車酔いする場合があります。
なので運転中の食事は避けた方が無難です。
適度な休憩のときに、外に出して運動をさせたり、食事や水分補給をしっかりさせてあげることが大事になります。

一番心配な場合は、旅行先に連れて行けずお留守番させなければいけない場合です。
猫の場合、特に環境の変化にとても敏感な動物です。
今ではペットを預かってくれる、ペットホテルという施設もあります。
しかし、犬など他の動物と一緒の空間で数日間一緒にいなくてはいけません。
また基本的にはゲージの中で常に閉じ込められた状態でいることになります。
普段家の中を自由に動き回っている猫にとっては、ストレス以外の何ものでもありません。
何よりも、ペットホテルの場合は、猫に何か万が一のことあったときなど対応してもらうことができます。
なので命の保証がほぼ100%の高い確率で保障されています。

長期間の旅行で家を空けなくてはいけない場合は、ペットホテルに預けることがお薦めです。
なるべくなら猫にいつもと同じ環境でお留守番させたいという人には、ペットシッターをお願いすることです。
ペットシッターであれば、猫はいつもと同じ環境でストレスなく過ごすことができます。
また餌の管理トイレの管理なども行ってくれるので、衛生的にも安心だといえます。
ただし留守間に自宅に人が出入りするといことは、信頼している人や安心して任せられる会社を選ばなければ、不安に感じるでしょう。
留守中に見ず知らずの人に家の中に入られることが、抵抗があるという人もいます。
なので、人の価値観によってかわって、利用する人しない人に分かれます。

もし長期間ではなく、一泊二日、もしくは二泊三日程度であれば、猫一人でもお留守番は可能です。
その際心配事の一つに、食事の与え方をどうするか悩んでしまう人がおいかと思います。
期間が長ければ長いほど、ウェットタイプよりもドライフードのキャットフードを使用するようにしましょう。
キャットフードを常に置いておかなければいけない状態にはなってしまいます。
猫は食べ物にも敏感なため、もし万が一腐敗してしまったものは、においなどから判断して自然と手をつけない猫がほとんどです。
なのでキャットフードはいつもよりも多いかなと思うぐらいの量を用意しましょう。

食べた際のヨダレなどがついた状態で放置すると、キャットフードの腐敗が進んでしまいます。
なので二、三か所器に分け置いておくと、その分安心して食べられる餌の個所が増えます。
留守の期間は空調をしっかり管理された状態で行かれる人がほとんどです、
なので夏場や梅雨の時期などでなければ、腐敗の心配はそこまでしなくてもいいのかも知れません。
万が一腐敗しても、猫が嫌がって食べないので、体調がおかしくなるということは少ないです。
旅行の場合、最長三日間ぐらいが限度といえます。
それ以上の場合は、ペットシッターもしくはペットホテルなどを利用するほうが、安心だといえます。