Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

キャットフードを切らしたときに何をあげればいいかについて

キャットフードの備蓄については普段から注意しておく必要がありますが、ついうっかりキャットフードを切らしてしまうこともあり得ます。
今回は、キャットフードを切らしたときに何をあげればいいかについてご紹介いたします。

どうしてもフードが手に入らないなら手作りでしのぐ

基本的な事柄ですが、人用の食べ物は猫の体にはあまり良いとは言えません。ですので、近所のコンビニでキャットフードが調達できるなら、できるだけキャットフードを与えるようにしましょう。

それでも何らかの事情でキャットフードの調達が困難な場合は、家にある材料で猫用の食事を作りましょう。

絶対に猫に与えてはいけないもの

ネギ類(たまねぎ、長ネギ、ニラ)、カカオ類(チョコレート、ココア)、アボガド、キシリトール、ぶどう、貝類(アワビ、サザエなど)、イカ、エビ、タコ、スルメ、青魚、生のパンは与えてはいけません。
特にネギ類、カカオ類、貝類、イカ、エビ、タコは急激に体に悪影響が出ますので注意が必要です。

キャットフードの代用として与えられるレシピのご紹介

ささみを茹でたもの

ささみがあれば、それを茹でたものを割いて、冷ましてから与えます。塩は使いません。ささみは良質のタンパク質で脂分もほどんどありませんので、猫が食べても大丈夫です。消化も良いので胃腸を壊すリスクも低いです。

ささみの代わりにもも肉を使う場合は、茹でた後、皮を取っておきましょう。皮の部分は脂分が多いので下痢になる恐れがあります。もも肉の場合も、細かく割いてから与えるようにしましょう。

なお、鶏肉が無い場合に豚肉や牛肉を使う際も、生で与えずに必ず茹でて与えてください。細かく割いて与えるのも同様です。
ただし豚肉や牛肉の場合は、脂分で下痢になる恐れがありますので、与えすぎないように注意してください。

ねこまんま

白ご飯にかつおぶしをまぶし、冷ましてから与えます。食べにくそうなら白湯でおかゆ風にして与えましょう。
塩は使いません。猫は塩分が無くても大丈夫です。

かつおぶしがなければシーチキンで代用しましょう。ただし、シーチキンはかなりの塩分が含まれていますので、一度よく絞って汁気を切ってから使いましょう。

なお、ねこまんまと聞くとご飯に味噌汁のイメージですが、味噌汁は塩分が強すぎて猫に不向きです。使わないようにしましょう。

マッシュポテト

じゃがいもを茹でたものを細かくすりつぶして与えます。塩は不要です。
たくさん与えすぎると消化不良を起こす恐れがありますので、普段与えているキャットフードの2/3くらいの量に留めておきましょう。

さしみ

貝類、青魚を除けば、猫が食べても大丈夫です。当然、醤油は使いません。普段生魚を食べ慣れていないと下痢になる恐れがありますので、与えすぎないように注意しましょう。また、冷たいとお腹に良くないので、少し温めてから与えるようにしましょう。

まとめ

今回は、キャットフードを切らしたときに何をあげればいいかについてご紹介しました。人用の食材は、基本的には猫に不向きですので、キャットフードの買い置きが切れた場合でも、コンビニなどでキャットフードを一時的に調達して与えるほうが無難です。それが無理な場合は、今回ご紹介したレシピでしのぎましょう。