Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

キャットフードの選び方!ドライフードとウェットフードのどちらが良い?

キャットフードの売り場に行くと、大袋にパッケージされたドライフードと、缶詰やパウチに小分けされたウェットフードの2種類が売られています。経済的なのでなんとなくドライフードを買っているという方も多いのではないでしょうか。
今回はドライフードとウェットフードのどちらを選ぶのが良いかについて、ご紹介いたします。

ドライフードとウェットフードではどちらが良いのか

ドライフードは通称カリカリと呼ばれ、非常に親しまれているキャットフードです。猫のご飯といえばドライフード、というくらいメジャーな存在です。
一方ウェットフードは基本的に1缶1食で、ドライフードに比べると割高なため敬遠しがちなフードです。

それではどちらが、より猫のご飯に適しているのでしょうか?
結論から言うと、どちらも一長一短なので、うまく混ぜ合わせながら与えるのが良いです。

ドライフードのメリットは、ほとんどの製品が総合栄養食であることです。
総合栄養食とは、それだけを食べ続けても猫が必要とする栄養素をすべて摂取できるように栄養設計されたフードのことです。つまり、ドライフードだけを食べていれば、猫は必要な栄養を十分補給できます。

一方、ドライフードのデメリットは水分含有量が少ないことです。猫の中には水を飲むのが上手でなく、うまく水分補給ができない子もいます。
こうした子がドライフードだけを食べ続けると便秘になったり、尿が濃くなりすぎて尿路結石などの泌尿器系の病気になったりするリスクが高くなります。

ウェットフードのメリットは、水分含有量が多く、食事をしながら水分を補給できることです。便秘になりやすい子にはとても有効です。
また、原材料の匂いが強く残っている製品が多く、猫の食いつきがとても良いという利点もあります。食欲不振の子に与えると、食欲が戻る効果が期待できます。

デメリットは、総合栄養食でなく間食が多いことです。ウェットフードだけでは猫が必要とする栄養素のすべてを補給できないことがあるため、注意が必要です。

ウェットフードをあげてしまうとドライフードを食べなくなるのか

総じてウェットフードの方がドライフードより食いつきがよいです。このため、ウェットフードを与えると、それまでのドライフードを食べなくなるのではないかと心配になります。
しかしその心配はいりません。ウェットフードを食べても、ほとんどの猫はドライフードも食べます。ドライフードのカリカリとした食感が好きなので、ウェットフードを食べたからといってドライフードを嫌いになる子はほとんどいません。
普段はドライフードを食べて、時々おやつとしてウェットフードを与えると、猫の食生活にメリハリが生まれてとても喜ぶと思います。

ただし、歯が悪くてドライフードがうまく噛めない子や、老齢で胃腸が弱っている子の場合は、総合栄養食のウェットフードを与えたほうがよい場合があります。該当する場合は獣医師に相談しましょう。

梅雨や夏場はドライフードに切り替えよう

梅雨や夏場は水分の多いものが傷みやすい時期なので、ウェットフードを与える時は食べきりにして、もし残した場合はもったいないと思わずに廃棄しましょう。製品にもよりますが、1サイズが70gくらいの場合、1回の食事で食べきるのは難しいかもしれません。こうした場合は、食べきりサイズの少量に小分けされたウェットフードを選ぶか、ドライフードに切り替えるかしましょう。ドライフードの方が傷みにくいので、梅雨や夏場はおすすめです。

まとめ

今回はドライフードとウェットフードのどちらを選ぶのが良いかについて、ご紹介しました。それぞれ一長一短なので、ドライフードをメインにしながら、おやつとしてウェットフードを与えるとハッピーな食事の時間をすごせると思います。ウェットフードもうまく活用して、猫を喜ばせてあげましょう。