キャットフードのえらび方

Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

キャットフードを選ぼう

みなさん、はじめまして!
このサイトでは、本当に安全で安心して与えられる猫ごはんを紹介しています。
また、キャットフードの危険性についてもしっかりと解説していきます。

解説するのは私!
3匹の猫とのんびり暮らしている「たま」と申します。

愛する我が子たちの健康の為に調べ始めたのがキッカケでしたが、調べていくうちに衝撃的な事実を知りました。
それが、「市販されているキャットフードは非常に危険でリスクが高い」ということです。

後述しますが、実に様々な問題が指摘されています。

知らないままだと、愛猫がアレルギーをはじめとする様々な病気になってしまう可能性が!
逆に、知っているとちょっとした不調にも気付いてあげられますし、不調の理由が明確になるので改善してあげることができます。
愛する猫の為に、ぜひ、このサイトを読んでみてください!

市販キャットフードの問題点

市販されているキャットフードは、非常に安価で購入しやすい!
ドラッグストアやスーパーなど身近なお店で手に入るし、保存期間も長い!
色々なメリットがあるのは事実ですが、それでも「もう買わない方が良い」と思ってしまうほど、色々な問題点があります。
少なくとも私は、事実を知ってからは市販品は買わなくなりました。
まずは、その理由を解説していきます。

原材料に大量の穀類

猫は元々、肉食動物です。
ですから、小麦や米などの穀類は殆ど摂取する必要がありません。
体の消化器官も穀類を消化する機能は備えておらず、大量に食べさせてしまうと体に負担をかけることになってしまいます。

しかし、それにも関わらず、市販されているフードには費用削減の為に大量の穀類が配合されています。
猫の消化器官に大きな負担をかけることで、【肥満】や【アレルギー】【嘔吐】などのトラブルが生じることに・・・

原材料に4Dミート

4Dミートという、人間の食用にすることが禁止されているレベルの畜肉が使用されるケースが多々あります。
路上で事故死した犬猫、抗生物質を投与しすぎた畜肉、病死した畜肉など・・・
非常に状態が悪い肉類が原材料として使われるのです。

当然安全性は最低ですし、ともすれば「共食い」をさせていることにもなりかねません。
タンパク源になることに違いはないのですが、劣悪なタンパク源です。
安全性は大きく損なわれます。

副産物を使っている

さらに、市販品にはバイプロダクト(副産物)を使用しているキャットフードが多いというのも問題です。
これはレンダリングとも呼ばれる技術で作られるもの。
人間用として使われた畜肉の「余りもの」をタンパク源・栄養源として再利用したものです。

具体的には、蹄や骨などを粉砕したものや羽毛・被毛など。
他にも色々なものが一緒くたにされ、配合されることが少なくありません。

【アレルギー】の原因になってしまうので注意が必要です。

 

大量の油

これらの劣悪な原材料の匂いを消すため、そして、猫の食いつきを良くする為に、市販キャットフードには大量の油が配合されています。
それも、レストランなどで使い古された鮮度の悪い油が使われるケースが多いと言われています。
こういった使い古しの油は人間の食べ物の風味が残っていることから、猫にとっては刺激的で食いつきが良くなるのです。

しかし、使い古し油は鮮度が悪いので、すでに極限まで酸化しています。
そこで使用されるのが【強力な毒性の強い合成保存料】です。

合成保存料はBHA・BHTなどと呼ばれるものが使われるケースが多いのですが、これは安価で酸化防止能力も高いのが特徴。
とは言え、その毒性の強さは本当に恐ろしい!
(人間の食品に使用することは法律で禁止されています。)

そんな危険な薬品ですが、猫や犬などのペットフードは法律での規制が非常に甘いので、こんな薬が業界で常用されているのです。

BHA・BHTなどの合成保存料には、発がん性の可能性も指摘されています。
さらに、変異原性や催奇形性も確認されています。

原材料表示では確認できない!

上記した通り、人間用の食品とは違い、ペットフードは法律での規制が非常に甘い!
その為、原材料表示も全体の80%以上を表示すれば良いということになっています。
つまり「入っているのに表示では確認できない原材料」があるということ。

特に合成添加物は薬品ですから使用されるとしても僅かな量。
(僅かな量でも危険性が高いから恐ろしいのですが・・・)
全体の配合バランスから考えれば、ごく少量ということになります。

そうなると、原材料表示の欄をチェックしても、合成添加物が配合されているかどうかは分からないのです。
ドラッグストアやスーパーなどで裏面を見て「添加物の薬品らしい名前はないから大丈夫」と思うのは間違い!
市販品では、記載がなくても実はたっぷりと使用されているということが殆どです。

何を選べば良いの?

このサイトでは、上記したようなリスクを排除した高品質なキャットフードだけを厳選しました。
合成添加物は一切使用されておらず、原材料も人間が食べられる品質のものを使っている製品です。
いわゆる【ホリスティックフード】と呼ばれるようなフードですね!

そんなホリスティックフードの中でも【費用対効果・安全性・嗜好性】などを比較してオススメをピックアップ!
口コミやランキングで紹介しています。
ぜひ読んでみてください!