Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

なにをあげてもあまり食べない・・・食の細い猫にはどんなキャットフードがいいのか

猫の食欲には非常に個体差があります。さっきあげたのにまだ食べるの?!というくらい食欲旺盛な子もいれば、食べることに無頓着で与えたフードをよく残す子もいます。食べすぎる子も肥満が心配ですが、食の細い子は栄養が足りているのか心配になります。
今回は、食の細い猫にはどんなキャットフードがいいのかについてご紹介します。

猫の食欲

猫は人と比べると、あまり味覚が発達していません。舌には味蕾という味を感じる器官がありますが、人が約1万個あるのに比べ、猫はその10分の1の千個程度しかありません。また、感じることができる味覚は、酸味が一番です。これは肉食の猫が、食べ物の鮮度を酸味で判断しているためだと言われています。つまり、猫は食べ物の鮮度に敏感だといえます。次に感じるのが苦味で、塩辛味や甘味はほとんど感じません。
猫の食欲は、味よりも匂いでそそられます。匂いが強い食べ物ほど、より食べたいと感じます。つまり、猫の食欲は、鮮度が良くて匂いが強いほどそそられるということになります。

食の細い猫にはどんなキャットフードがいいのか

食の細い猫は、基本的に食べることに無関心です。野良猫ならあり得ないことですが、室内飼いの猫は運動不足なこともあって、食べることに執着しない子もいます。必要最低限の栄養を摂るくらい食べてくれていればよいのですが、あまりに食べる量が少ないと心配になります。
食の細い猫にフードを食べてもらうには、まず猫にとっての良い匂いが強いフードを選ぶことです。一般的にドライフードよりウェットフードの方が素材の匂いがそのまま残っていて、匂いが強いため、食の細い子にはドライフードと併せてウェットフードを混ぜて与えてみましょう。ウェットフードで食欲が出て、その勢いでドライフードもたくさん食べてくれるかもしれません。
次にポイントとなるのが、フードに使われている食材の鮮度です。鮮度が良いほど猫の食欲をそそります。ドライフードの中には、使用している肉類の鮮度にこだわった製品も多く販売されていますので、選ぶ時の目安にしてみてはいかがでしょうか。鮮度にこだわったドライフード、プラス、匂いが強いウェットフードを組み合わせると、食の細い猫でもよく食べてくれる可能性がぐっとあがるでしょう。

まとめ

今回は、食の細い猫にはどんなキャットフードがいいのかについてご紹介しました。生まれつき食の細い子の場合は、何を食べさればいいのか非常に悩むところです。猫は鮮度が良くて匂いが強い食べ物を好みますので、鮮度の良い材料を使っているドライフードや、匂いが強いウェットフードを上手く活用してみましょう。