キャットフードはねこまんまとは言わないの?

猫は昔から飼っている人が多いです。
なぜなら昔は、猫はネズミの退治をする役目として飼われている場合が多かったからです。
今は猫を飼うといえば、ほとんどがペットとして扱われています。
それが昔は、ペットとしてではなく、ネズミ退治のために買うといった目的があったためです。
当時の猫は、ペットとして栄養素などを考えられた食事というものを提供されていませんでした。

よく猫の餌の名称として聞いたことがある人が多いかもしれませんが、ねこまんまと呼ばれるお食事が用意されていました。
ねこまんまは地域によって出される食事の内容に差があります。
広く一般的に広まっているのが、人間の残りご飯に小魚や鰹節をかけて混ぜ合わせたご飯の状態のことを指します。
日本は海に囲まれているため、魚関係の食材が豊富にある国でした。
なので、魚メインの食事を与えていました。

しかし猫をペットとして飼うようになったことで、キャットフードというものが開発されるようになりました。
猫の性質にあった食生活に合わせた栄養素が含んでいるのが、キャットフードです。
キャットフードは猫に最も必要とされるタンパク質が多く含まれたお食事になっています。
もともと猫はネズミなどを捕まえる肉食動物です。
なので、動物系のタンパク質が豊富に含まれている方が、猫の体質に合った食事といえます。
また猫によっては、海に近いところであれば、魚をよく食べているため、魚からのタンパク質を好む猫もいます。

その逆に山で育った猫は、魚を食べる機会が少なく、肉によるタンパク質を好んで食べる習慣があります。
なので猫によって好みが違ってくるのです。
昔の猫マンマといわれるものは、ご飯がメインになるので、主な栄養素は炭水化物になります。
炭水化物は猫にとって、エネルギーに変えるのが難しいものです。
なので大量に必要という栄養素ではありません。
さらに人間の食事はとても塩分が高くなっています。

特にねこまんまに味噌汁をかける習慣がある地域は、より塩分が高い食事になります。
塩分が多いということはマグネシウムを多く含んでいるため、尿席という病気になりやすいといわれています。
キャットフードには成長に合わせて、尿関連の病気の予防や改善のために低マグネシウム、低カルシウムのものも発売されています。
栄養バランスも、猫の成長に合わせてしっかりあったものを与えてあげることが大事になります。

Copyright (C) 愛猫の好みに合わせる All Rights Reserved.