Catfood Selection

4Dミート・添加物・穀類などのキャットフードに潜む危険性を解説!
メインイメージ

キャットフード選びで迷ってしまうポイント!キャットフードの味についてご紹介

キャットフードを購入しようとすると、その種類の多さに驚いてしまいます。中でも味については種類が豊富で、どれが好みなのかを考えると悩みに悩んで購入できないくらいです。
今回は、キャットフードの代表的な味についてご紹介いたします。

チキン

キャットフードで一番多いのがチキンまたはチキン類の味です。種類が多いだけあって、これを嫌う猫は少ないと思われます。もっとも、猫は好き嫌いが激しい動物なので、合わなければ口にしません。
ウェットフードではあまり使われていませんが、ドライフードでは主流の味です。

七面鳥・鴨など鶏以外の鳥

七面鳥や鴨肉などは、海外製のキャットフードで多く使われています。チキンに比べると独特の香りが強いので、好き嫌いがはっきりと別れるかもしれません。好きな猫は、一度この味にハマると他のフードにまったく興味を示さなくなるくらい嗜好性が高い味です。一般的に安価なキャットフードには使用されず、ちょっと高価なキャットフードで使用されます。

ビーフ・ラム

七面鳥や鴨肉ほど極端ではありませんが、嗜好性の高い味です。海外製のキャットフードで多く使われる傾向にあります。嗜好性が高いため、おやつに使われることもあります。

鹿・猪・豚・バイソン・馬

健康志向の肉材料として最近のキャットフードで使われるようになってきた肉類です。ビーフやラムよりも独特の匂いが強く、好き嫌いがはっきりと分かれそうです。このあたりは、七面鳥や鴨肉と同じです。市販のキャットフードで使用されていることは珍しく、ほとんどは輸入された高級キャットフードで使用されています。

魚類は非常に多くのキャットフードに使用されている原材料です。まぐろやかつお、ひらめ、エビ、サーモンなどです。魚肉は鳥類、哺乳類の肉に比べると癖が少なく、多くの猫が好んで食べる傾向にあります。特にウェットフードには魚肉が多く用いられ、素材の香りを活かした猫の食いつきがよいものが多数あります。また、おやつとしてですが、かつおぶしを好む猫も多く、食欲不振の時にちょっと振りかけてあげると喜びます。

食いつきの良いキャットフードはどの味か

癖が少なく、どの猫にも広く支持されるという点では、チキン味と魚味が食いつきのよいキャットフードでしょう。しかし、七面鳥や鴨肉、鹿・猪・豚・バイソン・馬などは、好みにハマった猫にはたまらないようで、非常に食いつきがよいです。手軽に入手できるのはチキンや魚味なので、まずはこの味を試してみるとよいでしょう。

まとめ

今回は、キャットフードの代表的な味についてご紹介しました。猫は食べ物の好みがうるさく、気に入らないとなかなか食べてくれません。一般的には癖が少ないチキン味や魚味が無難ですが、七面鳥や鹿肉など、ちょっと癖があるフードも試してみるとよいかもしれません。うまく気に入られればそれしか食べなくなるくらいのお気に入りになる可能性があります。